top of page

RPAの導入News!!業界:医療①

【自動化業務】 患者の在院日数の適切化をはかる為の確認、データ転記、担当に送信する業務

【ポイント】

入院期間が迫っている患者を調べデータ化しベット管理者へ送信する業務は

大量の繰り返し作業を必要とし、ミスが許されない業務を手動で行う事で

精神的な疲労になり、生産性が低下し人的ミスも多々発生していた。


上記の業務を毎日できない事で患者の入院期間を

常に把握できておらず病床が余る事や足りない事が多々ある。


RPAを導入する事により自動的に在院日数をデータ化し、

ベット管理者に伝える業務を削減でき担当者への負担を無くす事に成功。


常に在院日数を確認できるようになり、患者の適した入院期間を設ける事で

入院単価の向上と病床回転率の向上を実現。

Kommentare


bottom of page